かと言って、まだ煙突街の絵本を読むには至っておりません。

キングコングの西野さんにはあまりいい印象がありません。単純に漫才があまり面白いと感じない所もあるからです。西野さんだけではなく梶原さんも特に好きではありません。
一時人気が結構ありました。私は斜に構えてみていましたが、やはり回りの友人でもファンだと言う人はいませんでした。
そんな彼の描いた絵本の絵が本当にきれいだなと思っていました。もし彼が描いたと言う情報が無ければ、他の作家さんの名前で出されていたならば直ぐにでも広げて読んでみただろうと思います。
それ位アンチと言う訳ではありませんが、動く物を遮る何かがあるのです。彼がクラウドファンディングで何かをしているのもアメトークで知りました。
東野さんがイジっていたので知りました。その話は私にとってはなんだかもやもやさせられる物でした。
そんな気持ちを一旦横に置いておいて、彼の書いた革命のファンファーレを読みました。すらすら読めます。内容がそんなに細かく無いからというのもあります。
結局きっとこの本も絵本を売る為のツールなんだろうなと思っています。しかし、こんだけ色な事を考えながら(本当にしているなら)凄いなと純粋に思いました。
個人的な感情を一旦抜きにして、西野さんの活躍を見てみようと思っています。毛嫌いして避けていた所の人の意見は私には無い新たな事を教えてくれると思います。それは昔ホリエモンが苦手だった時の様な感じです。彼を知れば、何か新しい事を知れるようなワクワクがあります。是非、魔法のコンパスも読んでみたいです。http://www.sandcastle-i.co/