まるで高木姉妹のためにあったような平昌オリンピック

平昌オリンピックでは日本選手が過去の冬季五輪での獲得メダル数を越えて過去最高のメダル数になるなど連日にわたって大活躍していますが、なかでも一際活躍が目立つのが女子スピードスケートの高木姉妹です。妹の美帆選手は今や500mで金メダルを獲得した小平選手とともに日本女子スケート界のダブルエースとしてオリンピックに臨み、そのプレッシャーをものともせず、金銀銅の三種類のメダルを獲得するという活躍でしたし、姉の菜那選手も妹ともともに出場したパシュートで金を獲得し、最終競技となった今大会からの新種目マススタートでも見事に金メダルを獲得しました。日本の獲得したメダル総数の半分近くを高木姉妹で獲得したことになり、まさに見事としかいいようがありません。前回のオリンピックでは姉だけが出場、前々回のオリンピックでは妹だけが出場と、姉妹が揃ってオリンピック出場することができなかっただけに、喜びもひとしおなのではないでしょうか。ドキュメントなどを見ていても仲良し姉妹というだけではないアスリートとしての葛藤や尊敬のようなものが根底にあるような関係性がお互いにとっていい方向に働いたのではないかと思います。本当によかったなぁと思います。http://www.zometool.me/shop.html