高木菜那選手、金メダル、おめでとうございます!

スピードスケートって、パシュートのように、単純に速さを競うだけでない面白い競技がありますが、今オリンピックで新たに始まったマススタートも、なんだかんだ面白いですね!調べてみたら「氷上の競輪」と呼ばれたりしているようです。たしかに、スタート時の様子なんか、最後の駆け引きに備えて体力を温存する競輪の雰囲気とよく似てます。
でも、単純にゴール時の順番で順位が決まるのでなく、途中ポイントが加味されたり、同時に滑る選手同士で協力しあったり、競輪とはまた違う駆け引きが必要な競技のようです。

そして、女子のマススタートでは、高木菜那選手が金メダル!オリンピック初代女王です。高木選手、滑走しながら冷静に情勢を分析し、作戦を立てていたとのこと。自分もこの競技は見たのは初めてで、そんな駆け引きがされていたことまでは全くわかりませんでした。
まだ十分に面白みがわかってないですが、いろんなことがわかってきたらハマってしまいそうな感じです。脱毛22箇所