日ごとに寒さが和らいできて、もうすぐ春がやって来るなと思っている方もたくさんおられると思います。春は、入園、入学、就職など新しいことが始まる季節です。私も子どもの入園を間近に控え、大忙しの毎日を過ごしています。一番入園準備でびっくりしたのが、用意しなければならないものの多さです。周りの人から大変だとは聞いていたんですが、上靴袋から始まり、お道具入れ、体操服袋、コップ入れなどなどいくつ袋を作らせるんだというくらい作るものがあるのです。園からは大体の大きさでと言われてはいますが、中には、これは市販で売っていないんじゃというものまで用意するものの中にあり、結果全部作った方が面倒臭くないなと思い、毎日布と格闘しています。我が家の子どもはこだわりが強く、自分で選んだものじゃないと使いません。なので、布選びから一緒に行ったんですが、これがまた一苦労。まだ三才の子どもが、赤はイヤだのピンクがいいだの、布とその他の付属品を選ぶのに一時間以上かかりました。その日はもう作る気もしませんでした。やっと重い腰を上げて作っていますが、裁縫が好きな私もしばらくミシンは見たくないほど布と戯れました。これ、苦手なお母さん方は、本当に苦痛で仕方がないと思います。その苦痛もあと少し。入園式はもうそこまで迫っています。あと人踏ん張り、みなさん頑張りましょう。キャッシング 無利息期間

今日はポスティングの配布日でございます。
明日は雨が降る可能性が出てきたので、今日中に終わらせなければいけないのです。
そんな中、北海道では大地震でブラックアウトしています。
こういう時はもう無理せず、仕事をしない方が良いのではないかと思う思います。
特にパソコンやスマホで仕事をしている人は電源が危うくなるのはいうまでもありません。(但し記録のためにメモ帳と筆記具は用意した方がいいです。)
こういうブラックアウトではやはりデッキがないというだけで騒ぎになるのかなとも思いますが、いつか見た動画でも「電気がない生活」というのを日頃からやっている慣れておきたいところです。
こういう時に「電気がない生活」をやってみることで「本当に必要なことは何か?」という事もわかって来るのかなと思います。
これは東日本大震災でも経験したことなのですが、当時は携帯の電源が少なくて持っていた太陽光発電バッテリーで充電してなんとか凌いだという経験をしましたけどそうしなくてもいいようにしておきたいです。http://clothingstorebuyer.com/